まゆこ先生のひとりごと

まゆこ先生と呼ばれてます。都内で保育士やってます♪

延長保育がきつすぎるってひとりごと。

保育士さんなら誰しもが思ってるだろうこと。

 

・・・延長保育、まじきつくない?

 

(そういえば、まじとかやばいってのは今どきの高校生では死語らしいですね。まじやばい。)

 

なにがきついかっていうと、

  1. めっちゃおなかすく。
  2. 先生の数すくないのに見る子どもたちの年齢は超ひろい
  3. 自分のクラス外の子も多いから、ぶっちゃけよくわかんない
  4. 保護者がなかなか迎えに来ない
  5. やっと来たと思ったら、なぜかめっちゃ保護者の機嫌悪い

 

1. めっちゃおなかすく。

19時とかまで仕事してると、そりゃーお腹すくよね。

ぐーぴたとかじゃ全然とまらない。

食べてる暇もないし。

どこの保育園でも18時くらいにおやつ出してると思うんだけど、

それがもーほしくてほしくてよだれ垂れそうなとき結構ある。

お迎えの保護者さんがおいしいお弁当さしいれてくれたらなーーーって妄想もとまりませんね♡笑

 

2. 先生の数すくないのに見る子どもたちの年齢は超ひろい

相当大規模な保育園とか幼稚園じゃないかぎり、

延長保育のこどもを一部屋にあつめて、1〜2人の先生で見てるってのが普通の延長保育の状況だよね?

私まゆこ先生は普段うさぎさん組的なクラスの担任をやってるのですが、

あの年齢のこどもたちって、1歳年齢ちがうとまーまー体格もちがうし嗜好も違う。

というか、年齢同じでも数ヶ月生まれるタイミングが違うだけでかなり違う。

それを少ない人数で一斉に見るんですよ。

もーーーーカオス。

8000円給料あげようとかいってる人たち、この光景みたことある?ってくらいカオス。

でもたまに、上の年齢の子が下の子みててあげたりしていて、

それはそれで子どもにとっていいのかな?と思う事もありますが。

(しかもそれめっちゃかわいい♡)

 

3. 自分のクラス外の子も多いから、ぶっちゃけよくわかんない

上で書いたように、違う年齢の子あつめる=違うクラスの子もごちゃまぜ状態。

自分のクラスの子だと、その子の特性とかだーいたいわかるからいいんだけど、違うクラスだとどうもそういうわけにはいかないわけで。

特にこの年度始めとか、名前もしらないなんてのザラなんですよ。

最近の保育園とか幼稚園って、スモックに名札もついてないし。←これ、私たちが園児のころは当たり前だったのに・・・!!!!

超やりづらい。まじでやりづらい。

て思ってる間に喧嘩勃発してるからもーーーーーーカオス!

 

4. 保護者がなかなか迎えに来ない

いや・・・・ね。わかるけど、ね?

お母さんも忙しいよ。大変だと思うよ。

朝は早くから準備して保育園つれてきて、

それから満員電車でもみくちゃにされながら会社行って、

会社いったら遅刻ぎりぎりで多分まわりの人から白い目でみられて、

定時になったらまわりの人から白い目でみられつつ退社して、

ヒール疲れたわーって思いつつ保育園までダッシュして・・・

大変ですね。きっともっと大変なんでしょう。。

 

それはわかってるけど・・・

早く帰りたい。

わたしも早く帰りたい。

頼むからーーー延長保育の時間をすぎるのはやめてーーー

もっと時間長いところに預けるかシッターさん頼んでーーーー

 

面と向かってはいえないですが。いつも思ってます。

 

5. やっと来たと思ったら、なぜかめっちゃ保護者の機嫌悪い

延長保育ギリギリの時間(というかちょっと過ぎてる)にお迎えにくる保護者でたまーーーーにいます。

なぜかめっちゃ機嫌わるい人。。。

なんでやねーーーーーーん!

「時間通りにいらっしゃってくださいね」とかも何にもいってないのに!!なんでそうなる!

とイラッとする気持ちをおさえこみ、えがおでバイバイするようにしています。

 

あー今日もつかれた。